Housing ProduceのSmart House

家創りの新提案

家はもっと自由であるべき。家はもっとオリジナリティを持つべき。
家のデザインは個々に家族それぞれの「たったひとつ」であるべきだと私達は考えております。
「世界にたった一軒しかない家」を提案させて頂きたい。
家は「商品」でも「物」でもない。家族で創っていく空間だから。

一級建築士と創る貴方だけの個性派 Smart House一級建築士と創る貴方だけの個性派 Smart House

※上記価格はHousing Produce標準仕様延床面積28坪(4LDK)の価格です。
本体工事には設計費用・外構の一部などは入っていますが、地盤改良・上下水道引き込み・各種負担金は入っておりません。

住宅ローン減税制度の延長及び拡充 【所得税・個人住民票】住宅ローン減税制度の延長及び拡充 【所得税・個人住民票】

平成25年度税制改正概要

  • ■適合期限(現行:平成25年末)を平成29年末まで4年間延長
  • ■平成26年4月から平成29年末までの措置として、最大控除額を一般住宅は400万円(現行200万円)に、長期優良住宅及び低炭素住宅は500万円(現行300万円)に拡充するとともに、住民税からの控除上限額を13.65万円(現行9.75万円)に拡充

※住宅ローン減税制度とは

金融機関等から返済期間10年以上の住宅ローンを受けて住宅の新築・取得又は増改築等をした場合、10年間、各年末の住宅ローン残高の一定割合を所得税額から控除する制度

!!ご注意いただきたい点!!

  • ■改正後の措置は、当該住宅取得に係わる消費税率が8%又は10%の場合に限って適用されます
  • ■このため、消費税の経過措置により旧税率(5%)が適用される場合や個人間(媒介)の中古住宅売買(消費税が非課税)の場合は、その入居時期を問わず、現行の措置(一般住宅の場合:借入限度額2,000万円、住民税からの控除上限額9.75万円)が適用されますので、ご注意下さい

一般の住宅(注)赤字部分は、現行措置との変更展を指す

【現行】

入居時期 H25〜H26.3
借入限度額 2,000万円
控除率 1.0%
控除期間 10年間
最大控除額 200万円
住民税からの控除上限額 9.75万円

【改正後】

入居時期 H26.4〜H29.12
借入限度額 4,000万円
控除率 1.0%
控除期間 10年間
最大控除額 400万円
住民税からの控除上限額 13.65万円

長期優良住宅・低炭素住宅(注)赤字部分は、現行措置との変更展を指す

【現行】

入居時期 H25〜H26.3
借入限度額 3,000万円
控除率 1.0%
控除期間 10年間
最大控除額 300万円
住民税からの控除上限額 9.75万円

【改正後】

入居時期 H26.4〜H29.12
借入限度額 5,000万円
控除率 1.0%
控除期間 10年間
最大控除額 500万円
住民税からの控除上限額 13.65万円

会員様専用物件検索

物件あり!!

会員様専用物件検索会員様専用物件検索

2020年2月6日現在

現在の会員者数
会社案内図
会社案内図